FPパパの投資日記

FP2級を持つWebプランナーパパの投資日記です、日々調べたことなどを書いていきたいと思います。虫の知らせトレードが得意。WEB系のIT企業勤務

Valuation Matrixがいつの間にか闇落ちしてた

Valuation Matrixって?

企業のページを見るとこんな事が書いてある。3年前位に登録した頃はまさに書かれた通りで、企業情報や決算情報を分析して隠れた優良銘柄を見つけるようなサイトを作っていた気がしている。

 

社長も東大卒で会社も早稲田大学インキュベーションセンターにあっていかにもアカデミックなベンチャーだと感じていた。

「本当にいい企業を見抜いて投資しよう」
ValautionMatrixは、個人投資家の皆様が個別株投資で「本当に良い株」を見つけてるまでをワンストップでフルサポートします。

いつの間にか有料情報商材セミナー屋さんに!?

ふとメールボックスを見るといかにもなタイトルのメールが来ていた

時価300%のシェアーズ銘柄は、、!」

この手のはあまり登録しないんだけどなと思って発信元を見てみるとValuation Matrixからでした。

お金なくなるとこうなってしまうんやと。

f:id:jralove:20200128093438j:image

 

高額な有料商材の話

昔投資サイトを運営している人と話したことがあるのだけど、高い商材と安い商材の違いは何かを聞いたことがあるんだけど、答えは「高級感」だった。

投資の情報は価値があって無い様なものだからいくら払っても答えられる内容は変わらない。

高いほうが良さそうだとお客さんは勝手に思い込むのでそれに答えられるような包装をすると言うことだった。

その人はある程度真面目だったので騙しているみたいで気分が悪かったのでそういうのは金にはなるけどやめることにしたと言っていた。

 

 

メール本文

社長直々の勧誘メール

Valuation Matrixをご愛用いただいている皆様へ

こんにちは、シェアーズ代表の山口揚平です。

寒い季節が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。投資に飽きたりしてませんか?笑

カクテルパーティ理論とよく言われますが、パーティで女性達が株の話をしだしたら「売り」ということです。

最近の天気同様に、市場も冷え込んできたらチャンス到来です。

僕は本屋さんに株の本が並ばなくなったら、株の分析を始めます笑。

さて、最近、株式市場ではソフトバンクによるZOZOの買収案件がニュースでも多く取り上げられていますね。

2019年11月25日までを公開買い付け期間としていたガンダムの版権を持つ「創通」 もそのひとつです。

創通といえば、シェアーズでも15年前に僕(山口揚平)のセミナー「勝率95%の投資法〜キャッシュフローバリュエーション編〜」の分析対象銘柄でした。

その創通、今回の買収で時価総額が300%上昇しました。

当時の創通の時価総額は約150億、現在は約462億です。
* 2020年1月15日現在

セミナーでは、創通の適切な評価額はいくらなのか?を過去の決算情報と今後の予測を基にキャッシュフローを算出し
バリュエーション算定を行い、また自分であればどのような手を打ってテンバンカー(10倍株)にするかを考察してます。

*創通を題材にした山口のセミナー動画はこちら
→ https://shares.thebase.in/

投資は短期ではギャンブルですが、長期では知識と知恵です。知識とは財務や事業を見抜く方法であり、知恵とは価値を創造する視点です。

「基礎」を抑え、価値を生み出す事業の”本質”への理解が大切だと創通を通して学ぶことができると思います。

よろしければ購入して学んでください。

*創通を題材にした山口のセミナー動画
→ https://shares.thebase.in/

余談ですが、シェアーズの社員の母親が、代表の書籍を読み、自分なりに企業価値評価を実施。

それを元に「創通」を購入していました。そこから15年経った今、時価総額が3倍に。

収入を得ることができたそうです。

老後2000万が話題になった現代、一番の方法は長期投資ではないでしょうか。

価値(バリュー)と価格のギャップは長期的には必ず収斂すると考えています。

ですから、バリュエーションを正しく行い、割安の時に購入すれば、必ず儲かります。それが、バリュー投資です。

バリュエーションが正しく行えないことも多いのですが、それもやはり面白みと言えるでしょう。

創価の株価が急上昇した背景を読み解きながら、皆様のこれからの投資にお役立てください。

→ https://shares.thebase.in/

今年も皆さんの投資がうまく行くことをお祈り申し上げます。